注文住宅はトイレ二つにできて成功!

注文住宅でマイホームを建てて「成功した!」と思う点のひとつは「トイレを二つにできたこと」ですね。やはり注文住宅だからこそのポイントだと思っています。

 

 

 

とはいえ私たち夫婦は、最初は立地条件優先で建売住宅で探していたのです。けれども先にもあげましたように、「トイレが二つあること」もそうですけれど、「一室をパントリーにしたい」といったことや、「できれば引き戸に変えて欲しい」といったようなことに至るまで、やはり随所随所で理想とは違ったのですよね。

 

 

 

まあ建売住宅なのですから、当たり前と言えば当たり前のことなのですが。しかし、こちらとしては「一戸建て住宅のマイホームなのだから、できる限り理想に近い形にしたい」と思うわけじゃないですか。ですから、めぼしい建売住宅は見て回ったのです。けれど、「これ!」というものには出会えなかったのですよね。

 

 

 

それで結局、注文住宅でマイホームを建てることにしたのです。とは言っても、細部にこだわりを発揮したというわけではなく、本当にちょっとした希望が随所随所であっただけですから。ですから、注文住宅とはいえマイホームの建設費用はそれほどまでに高いものではないのです。最初は1000万円の家を探し回らないと駄目かななんて不安になったこともありましたが(笑)

 

 

 

注文住宅なので住宅設備は好きなものをいれられるわけですけれど、しかし住宅設備にしましても、建売住宅よりも一段低いスペックの設備にしているところもありますから。「洗面ドレッサーはそこまで豪華じゃなくていいよね」と、シンプル最低限な洗面台にしていますし。

 

 

 

ただ、「トイレが二つ」というポイントは譲れなかったので、建売住宅に比べて費用が余分にかかっていると言えば、そこぐらいでしょうか。けれども、「こだわりのシステムキッチン」を入れるよりも、ずいぶんとお安い価格ですから。トイレをひとつ増やす費用は、新築時に入れていれば10万円以下で済むケースも珍しくはないですからね。

 

 

 

だからこそ、ワンフロアにひとつずつトイレを作っておきたかったのです。それがわが家の注文住宅におけるこだわりポイントでしょうか。そしてまた、「注文住宅にして成功だ!」と思えるポイントでもありますね。

予定よりも高くなりそうです

私は、今、注文住宅で一軒家を建てる計画をしているところです。

 

もう、建ててもらいたい施工会社が見つかり、購入した土地にどのような家を建てたいかのプランを立てています。

 

最初は、予算として2500万円以内で収めたいと考えていました。

 

ですが、その金額を越えてしまいそうです。ちなみに相場はここで調べました。→注文住宅相場.xyz

 

なぜ、そうなるかというと、家自体は、安くて安心できる家を建ててくれる会社なのですが、家を建てる以外に、土地改良費や深基礎の料金がかかるからです。

 

私たちが購入した土地は、土地の端っこが斜めになっている傾斜地です。

 

その土地を何とかするために、土地を深基礎で平にして家を建てるので、80万円ほどかかります。

 

さらに、その斜めになっている土地を活用するために、ウッドデッキを付ける計画をしています。

 

ウッドデッキを付けないと、土地が斜めになり、でも、その土地も我が家の土地なので、もったいない土地になってしまいます。

 

有効活用するためには、ウッドデッキが無いといけないということになりました。

 

ウッドデッキも、平らな所に作る分には100万円あれば足りますが、斜めの土地にウッドデッキを建てるので、もっと高額になってしまいます。

 

この金額が無ければ、予定の金額内で収められたかもしれません。

 

いろいろと考えて、注文住宅よりも条件付きの土地で家を建てたほうが予算内でいい家が建てられたのかなとも思いますが、私は注文住宅での家の建築でよかったなと思っています。

 

注文住宅で、施工会社を選ぶ際に、いろいろなハウスメーカや施工会社を回りました。

 

規模の違う会社をいくつか周り、営業の方の対応に不安を感じたり、土地の選び方でなかなか希望の所が見つからなかったり、家を建てた後のアフターフォローに気になる点があったり、やはり、自分が安心できる施工会社に家を建ててもらえるということで、長く安心できる家づくりが出来ます。

 

間取りについても、自分の要望をしっかりと聞いてもらい、さらにプロの目からしっかりとしたプランを立ててもらいました。

 

私は、注文住宅でよかったなと思っています。